カリソメだけど愛してほしい

工藤優です。徒然なる日々をつらつらと綴っています。

はちがつ

やっとこの日が来た!国境の長いトンネルを抜けると 雪国であったように 目が覚めると そこには待って待って待ちに待った八月が佇んでいた!というか既に八月は始まっていた!

 

すごいテンションで 打ち込み始めたが 特に大したことは何もない。別段 面白いこともない日々が淡々と過ぎている。昨日は本を読んだ。二冊と四分の一冊くらい。最近芥川賞を獲った作家の本を二冊とカミュのペストを今更読み始めた。今日は映画を観た。観よう観ようで後回しにし続けていた フランス映画のアメリアマゾンプライムで。

 

本当に月並みの感想だけれど 機会があるならば どれももう一度触れておきたいような 素晴らしい作品であった。良作ばかりを引き当てられて 幸先の良い夏休みだなぁ とフンフン鼻を鳴らしている。明日はニーチェツァラトゥストラはかく語りきを読む予定だ。それにしても ツァラトゥストラという響きはどこかストラトキャスターと似ていて 親近感を覚える。私が初めて買ったギターが えげつない安さの初心者セット付き スクワイヤー白ストラトキャスターだったからだろうか。

 

兎にも角にも 四十九日もある長い長い夏休みとて 一日たりとも無駄にすることは 許されない。そして 明日も万全な体制で 読書と映画鑑賞に勤しむため そろそろ眠りにつかなくてはならない。てか そもそも 明日は昼ご飯を ほとんど唯一の友達と外で食べることになってるのだから きちんとした身形を整える為に 寝るのがマナーってもんだわ。おやすみなさい。