カリソメだけど愛してほしい

徒然なる日々をつらつらと綴っています。

福岡総括。

今日は 先日決行した福岡ひとり旅について 述べきれていないことを 少し 深堀りします。まずはこちら。

 

f:id:kudo_sogaikan:20210813190452j:image

↑この旅のお供 三冊衆。左から アンドレ・バザン『映画とは何か(上)』、村上春樹1Q84(第6巻)』、太宰治『斜陽』。飛行機の中では 眠ってしまったし ホテルでも 友達と一緒に居たので 実際 ほとんど読む機会はありませんでした。一番左にあるバザンの『映画とは何か(上)』は 持ち歩き用リュックに入れていたので 雨対策として ジップロックで密閉しております。

 

福岡着弾初日はバタバタしてしまって 書きたいことを書けていなかったので ほんの少し 補足をば。まず 福岡行きの飛行機内で嬉しかったこと。初日は 友達が空港にお出迎えに来てくれるとのことで 何かお土産を用意しよう!と思い 資生堂パーラーのクッキー(だったかな?)を空港で購入しました。大した量の荷物ではなかったので 預けはせずに 機内へ持ち込みました。すると 案外嵩張ってしまい 前の座席に入り切らないという事態に。結局 座席上部に備え付けてある荷物入れに お土産を入れることになりました。しかし 初日は わりと丈が短めのワンピースを着ており バンザイすると 見せパン見せ見せになってしまうことが判明しておりました。しまうときは CAさんが入れてくれたけど 取り出す時は 私が見せパン丸出しになるのcarと ちょっと憂鬱な気持ちでした。そして 遂に飛行機は着陸し 荷物を取り出す時間がやってまいりました。通路側の座席ではなかったので 隣に座っているお姉さんが出て行ってからにしようと 腹をじんわり括っていると そのお姉さんが口を開きました。「よかったら荷物お取りしましょうか?」と。嗚呼 なんて有難いことなのでしょう。この1つの発言によって 私は見せパンを乗客に見せつける痴女になることを 回避できたのです。しかも お姉さんは背がさして高くはなかったようなので 一生懸命背伸びをしながら 私の荷物だけを取り出してくれました。お姉さん ありがとう。あと 初日の機内で思ったことは スカイマークさんがピカチュウとコラボしてて チケットがめためた可愛かったってことですかね。

 

次 ホテル到着初手 ルームキーを忘れ 外出後 部屋に入れなくなる。まあ 読んで字のごとくです。とんだ阿呆です。ホテルで 外出する際は ルームキーを抜き忘れてはいかんと じいちゃんの代から言われてるだろう?なんてこったよ。本当に。

 

最後に 今回の福岡ひとり旅 3日間の一貫したコーディネートテーマをご紹介します。「モノクロームな日々 ~生活に彩を~」でした。

 

f:id:kudo_sogaikan:20210813193339j:image

↑初日 黒ワンピ。靴下が蛍光黄色。ちなみに 上体は映っていないが レース素材のつけ襟がとても可愛いフリフリなお洋服。

 

2日目 白ワンピ(華やかな水彩で ランダムな模様が施されている)。写真は撮り忘れた。

 

f:id:kudo_sogaikan:20210813193417j:image

↑3日目 白黒うさぎTシャツに 白黒チェックスカート。髪留めがピンクの花。この時点では たべっ子どうぶつの髪留めをしている。そして ご自慢のロン毛のせいで 肝心のうさぎが見えない。

 

以上 私の旅はこんな感じでした。よいリフレッシュになりました。またいつか 感染症の脅威から人類が解放された時に 福岡へは ゆっくりとお邪魔したいものです。

 

 

ps:推しがえげつない燃え方をしているので 今日は朝から気分が上がりませんでした。正直 私としては 人間性云々よりか 楽曲の善し悪しに重きを置いているので 推しがあまりにネットで叩かれることによって 新作を聴けなくなってしまうかもしれないのが 辛いです。身勝手なオタク心理ですが 我々部外者は 結局 切り取られた一部でしか物事を判断できないし この騒動に関して 何か大きく騒ぎ立てるのではなく 静かに見守ることしかできないと思います。でも 推しの行動によって 傷ついた人がいるとすれば それを無視して ただ愛でることは難しいかなとも思います。アーティストの才能とその私生活における言動は 勿論 切り離して考えていますが。気持ちがグラグラですが とりあえず 今日はお笑いを見て 全て忘れます。では。