カリソメだけど愛してほしい

徒然なる日々をつらつらと綴っています。

ピンクのスワンボート

https://youtu.be/iSvsdrQEWu0

はっぴいえんど『空いろのくれよん』

 

右目が痒すぎて 掻き毟ったら 角膜がドゥビドゥビに膨れ上がって 腐った生卵の白身みたいになりました。工藤です。

 

先日 友達と遊びました。はるちゃんというのです。まだ 2回しか会ったことないから 友達って呼んでいいのかわからないけど たぶん絶対確実に 友達だと思うから 友達って呼びたいと思います。はるちゃんは友達です。私は 基本的に人との心理的壁がかなり厚く 人望とか人脈とか欠片もないと思うんだけど そんな私が 初対面でも 心の窓全開にしてしまうくらい フレンドリーで 愛に溢れた可愛い女の子です。出逢えてよかったと思います。さて キモ告白はここまでにしてと。2022/5/15日報。

 

13:00 上野集合。のはずが 寝坊。12:00に起きた。前日の夜 ベッドの中で 目をガン開きにしたまま ワクワクしすぎたりするからだ。泣く泣く メイク手順のほとんどを諦める。いっけなーい遅刻遅刻♪ と走って駅に向かうも 乗り込む電車を間違える。本当にふざけてやがる。どうしてこうも 急いでいる時に限って 冷静さを欠き 更なる遅延行為を重ねてしまうのか。ひとまず 正しい電車へと 乗り換えを完了。座る。がたんごとん。がたんごとん。長い。とりあえず 既に到着済みのはるちゃんに LINEで謝罪に謝罪を重ね スタンプや文面で 笑顔になってもらおうと 全力を尽くす。そんな私の焦りを他所に 全く怒らず ピンク色のソフトクリームを食べて 待っていてくれた。優しい。

 

対面初手から 互いにハイテンション。何にも考えずに フィーリングだけで 楽しいって 本当にすごいことだと思う。この時点で 既に笑いすぎて 顎が外れそうになった。博物館で 特別展示中の宝石を見ようとするも 当日券は既に完売。上野は このコロナ禍において 寛容さを失ったようだ。人数制限は 人間の突発的行動を認めてはくれないということだろう。ガッカリしながらも 博物館前に 設置されているでっかいクジラを見て 一通り笑った。

 

お腹が空いたので ピザ。ふざけすぎたので ちょっと真面目な話をした。はるちゃんの今後の展望やら 私のちょっとした悩みやら。そんな中で はるちゃんは シンガーソングライターとしての私を 深い海のようだと言ってくれた。黒くて 尖った音楽性はありつつも 根底に深い愛を感じると。そんな風に言ってもらえたのは初めてで すっごく嬉しかったのだけど 小っ恥ずかしかったので ふざけて誤魔化した。

 

食後は アメ横ハードオフに限る。1階から5階まで 舐めるように見て回った。はるちゃんは 心がときめく物に 敏感だ。このキラキラした気持ちを忘れたくないなーと私も思う。小さなトキメキの積み重ねが 大きな作品に繋がるのかもしれない。そうはいっても ビビっときた物(プリコネのおもちゃやリルリルフェアリルのおもちゃ等)を全て購入しているのは 見てて心配になったけど あまりにも清々しくて 最後は笑けてきた。 

 

そして 当初の目的であったボートの発着場へ。偶然 私たちのボートは ピンク色で えも言われぬ幸福感を覚えた。ガタゴトガタゴト 息を合わせて ボートを漕ぐ。私は ハンドル操作が苦手だから はるちゃんにやってもらった。プロ並みに上手かった。ノリノリで ボートを漕いでいると 徐にスマホを取り出したはるちゃんは『God help the girl』という映画のサントラを流してくれた。とても長閑で穏やかな気持ちにさせてくれる素敵な音楽たちだった。パリのセーヌ川で ボートを漕いだら きっとこんな気持ちになるんだろうなと思った。ボートから外を覗いてみ!と言われて 半身を乗り出して 外を見ると なんだか世界が広く感じられた。素敵な時間のお返しに 私も とあるアルバムを流した。はっぴいえんどの『風街ろまん』。ここまでの西洋的オシャレ休日モードとは打って変わって 渋さのある洒落たボート空間が出来上がった。はるちゃんは 「空色のくれよん」のヨーデル部分が気に入ったらしい。嬉しい。

 

最終目的地は 喫茶店。たくさんボートを漕いだ脚は 一休みさせてあげなくちゃならない。純喫茶特有の赤いベロア素材のソファに腰掛けて 私はクリームソーダ はるちゃんはアイスティーを頼んだ。そして 先刻 ハードオフで手に入れたおもちゃ達に 息を吹き込むべく マダム風の店員さんからプラスドライバーを借り 単4電池を3つずつ挿入していった。電源を入れるのに 少し時間が掛かったけど どれもキラキラと画面が 発光し始めて はるちゃんは満足げだった。それを見ているうちに 私のクリームソーダは淡い黄緑色へと変化していた。

 

とそんなこんなで あれよあれよという間に 時は過ぎ 時刻は夕暮れ17:30。お別れの時が近づいて 各々 帰路へと着くのだった。

 

なんかふざけて 色んな文体で 文章を書いてみましたら すごい長文の恐ろしい日報が完成したわけです。(この"わけです"という語尾は 演劇コースの某先生がよく言うので 仲間内で モノマネが流行しています。)兎に角 言いたいことは ただひとつ!2022/5/15が 非常に愉しく 有意義であったということ!私は 此処に文を書くということくらいでしか 表現ができず 歯痒いが でも それでいい!得意なことは 少ないくらいがちょうどいい!明日からも めげずに生きる!

属性の話。

昨日 15時間寝た。最後に時計を確認したのは 20時。目覚めた時には 朝11時。何が起きたのか よくわからなかった。そして 電車も寝過ごす程に 眠った。遅刻した講義でも眠った。寝ても寝ても寝足りない。恐ろしい日だった。人と関わることに限界を感じている可能性がある。自己診断じゃ何も判りはしないけれど そんな疲労感を最近の身体に感じる。人と関わるとなると 何らかの形を保たなくてはならなくなり その形を作るために 人に比べて 時間が掛かる。おねんどおねえさんが 私の体と心を拵えてくれれば 楽なのに。私には形がない。だからこそ 今までは 物語の作中において 役を演じることで 自己を演出することが可能になっていたのだけれど 今 音楽を作る身の私として求められていることは 恐らく 形のある自己であるということ。たぶん 私と話したことがあり 且つ それなりに様々な種類の人間と関わってきた人の大半が感じることだと思うけど 私というこの人間は 大層フレンドリーな虚像であって 核が見えているようで 全くの虚無であるということ。まるで 掬っても掬っても 救いきれない水のように。誰にも掴ませてやらないこの輪郭が 私の中でも 逃げに逃げを重ねて もう誰にもわからなくなっている。この自分自身でさえも。私は 人の懐に飛び込むことができない。心の裡に潜む何かを伝えたいのだけれど そんな大仰なことができる質ではない。肥大化し続けたこの承認欲求に準ずるものは いったい何処へ之くのやら。ただ何かを表現したいという欲求だけは 嘘ではない。己の本能にのみ従い 生きてゆくべきか。この文章 もし誰かが見てるなら 恥ずか死ぬ。

【備忘録】~復活の闘志を添えて~

4/28

ミュージカルを見に行った。髪は新品のヘアオイルでベタベタ 目元は熱くなってビシャビシャ。堕ちるも救われるもいつも芸術。その後 すごく年上のお友達2人とご飯。勝手に友達って言ってるけど 人生の先輩ですね。いつも 楽しいし 大人の話を聞かせていただくというのは 大変 視野が広がってよいもの。それにしても 音楽が近くにあれば 必ずいい日になる。そう思わせる一因に 私もなりたい。私の創作物を独りよがりの欲求から より利他的な共有財産に変えたい。とつくづく。

4/29

ssw界隈の人とご飯食べに行くことなんて あまりないんだけど 行った。可愛いし 気遣いがすんばらしいし かといって媚びない感じがすごく良いなと思った。私は誰目線なんだよ。たくさんアツい話もしたのに なんでこんなキモ告白しか 書けねえんだよ。ちなみに 鳥貴族のクリームソーダ(酒)は美味い。あと 遅刻と忘れ物と方向音痴だけは なんとか直したい。

4/30

演劇コースの友達と数百万年ぶりに スイパラに行った。カレーとパスタを死ぬほど食って 吐きそうになった。スイーツのパラダイスなんだから 甘いものを食え!否!甘いものは虫歯になっちゃうだろ!夜は キノコの火鍋を食べた。正直 辛いものはあまり得意ではないし 野菜も食べられないので 火鍋というものに対して 乗り気ではなかったけれど 美味しいキノコってあるのだなとしみじみ。吐き気がするほど 腹の中がスイパラだったけど なんとかなった。久しぶりに会った大学受験時代の塾の友人と積もる話を消化した。普通でいるのは 難しいけど 特別を押し付けられるのも 得意ではないよね。というオチ。レールに乗るのも悪いことじゃないし やりたいことが見つからないのも悪いことじゃない。人が皆 夢ばかり追いかけなければならないなんて 決めつけは よろしくない。私は 誰に押し付けられる訳でもなく 勝手にレールをひっぺがして 自分の好きなことを追いかけるけど それは 社会規範があって 従う人々が大勢いるから 成り立っていること。自分のやりたいことは 自分の中だけに留めるのがよろしくて それを誰かに押し付けてしまうのは 誤った啓蒙であるということを 決して忘れてはならない。

5/1

小学校の時の友人複数名と集まった。約10年ぶりに会う奴もいたけど なんの違和感もなく ほぼランドセルを背負った気分で 酒など一滴も飲まずに ひたすらスマブラをした。10時間くらい ぶっ続けでゲームをするなんて なんと贅沢な休日!10年のうちに溜まった 我々の人生について 語り合うのも また一興であったのは 言うまでもない!

5/2

この日の夜はまた鳥貴族。からのカラオケ。演劇コースの友達と。ほとんど オタクしかいないので アニソン・ボカロ・ミュージカル系ばかり 皆 歌っていた。それにしても 歴代プリキュアの曲 歌いすぎだろ。ちなみに ワタクシは 大学に友達が居ないと 常にほざいているのだけど 演劇コースというのは 実に 学年にたったの15人しかいないもので 正直言うと そこの人達とは ちょっと仲がいい。(と私が思っているだけなのかもしれない。) お昼ご飯は 学生会館で 4人掛けの席に 集まれる8-9人くらいで キツキツになりながら 食べている。落研やお笑いサークルに入っている子達は 話が上手なので 割と笑いっぱなし。楽しい。もしかして 私 大学生?

5/3

朝から3時間スタジオに入って 次の日のライブに備えて セトリ作りと細かい歌の機微やギターの運指を確認した。夕飯は バイト先の友達2人と一緒に食べた。恋バナを聞いた。私には 架空の世界の話にしか 聞こえなかったのだけど 非常に面白かった。この面白いは funnyのほうではなく interestingのほう。

5/4

ライブをした。朝からスタジオに入って 気合いは十分だった。正直 悪くない出来の演奏。物販は いつもの比じゃないくらい 売れた。それでも 何故か感じる 此処ではない感。いつも感じるこの疎外感。努力も足りないし 発信も足りない。そんなことはわかっている。才能が足りないことも 薄々気づいている。でも 生まれてこの方 芸事に全てを捧げてきたし こんなとこで 折れる私ではない。そう思っていても 誰にも認められていないのではないかという不安。私が私の才能を信じられなくなったら終わりだと 無理矢理 励ましてみたけれど ライブハウスからの帰り道 イヤホンの中で流れるandymoriを聴きながら 涙が止まらなくなった。このご時世 マスクがあって 助かること。帰り道の涙と鼻水の結晶が 通行人にバレないこと。家に着き 明日には 全てが良くなるようにと祈っていたら 化粧も落とさず 眠りこけていた。

5/5

前日の午前23時頃から記憶が飛んでおり 起きたら 朝の10時だった。泣き疲れたのだろうか。この日だけは ゴロゴロしてやると 前もって決めていたので 何もしないことに飽きるくらい ダラダラしてやった。夜は 母と祖母と従兄弟の家族と 行きつけの焼き鳥屋に行った。こうして 備忘録を付けていると 気づくのは 私はつくづく鳥ばかり食っているということ。そのうち羽が生えて 何処にでも飛んでいける焼き鳥屋ログインボーナスとか貰えたらいいのに。それにしても ビールとかマッコリとか 如何にも太りそうな酒ばかり ばかすか飲んでしまったから 私は今 多分デブになっている。叔父は 滅茶苦茶に 彫りは深いのだが 破茶滅茶にデブなので 痩せてほしい。あと 店員さんに対して 敬語を使っていない様子を見てしまったので すごく不快だった。叔父 見ていたら 反省しろ。(私が年長者に対して 敬語を使えていないのは ダメですね。反省します。)

5/6

大学の講義は自主休講して 美容室へ。パーマのかけ直しをしてもらった。帰宅後 謎に燃え上がる闘志を文字に書き起こしてみた。今まで 書こうとして ずっと書き切れずに 散乱していた 小説用の文章を繋ぎ合わせてみた。今度こそは 書き切ってやるぞと決意。その後 元ドラマーと待ち合わせ。なんだか 腹が減っているとのことで 松濤に新しくできたラーメン屋さんに入った。中華そば。煮干し。美味い。食後は パールレディがお決まりだよね。タピオカ。杏仁ミルクティーに ブラックタピオカ チョコスプレー掛け。なんか 今まで パールレディにあった チョコタピがなくなっちゃって えーんと言っていたら 店員さんが 話しかけてくれた。「本社に チョコタピ復活の要望をしてみてください!」と言われた。ちなみに「チョコスプレーかけると チョコタピっぽくなるよ!」との店員さんからの提案で ¥30課金した。地味に 昔から知っている中国出身の可愛い女性店員さんで ちゃんと話せたの初めてだったから 嬉しかった。飲み終わり 道玄坂の珈琲茶館集へ。ラジオを録った。ただの雑談記録だけど。

 

こうして見てみると 何かと充実した日々を送っている。こんなに 長い文章になるなんて 思ってもみなかった。日々の暮らしは 迷うことだらけで 正直 もう全て投げ出したいと思うことばかりだけど まだ舞える!私は まだ飛べる!と思っている。やるっきゃ騎士。おやすみなさい。

ひねくれささくれあらくれる

性格がひん曲がっているので 物事を純粋に受け取れない。もっと穏やかな感性で全てを受け入れられたらどんなに楽だろうか。自分の未来に関しては 自分でなんとかしないといけないけれど 常に相反する感情が胸の中に渦巻いているせいで 四肢が絡め取られて 身動きができなくなっている。もう何もしたくない。そう思いつつもどうにかなりたい。このいくじなし!もっと動けよこの身体!

はっぴい

https://youtu.be/hd5ztTz1564

サディスティック・ミカ・バンド

 

タクシーの運転手さんとこんなにも心を通わせて話したのは初めてだ。『ちょっと思い出しただけ』を観た後だからいっぱい話したくなってしまったのかな。1460円のタクシー代に 2000円を払った私に対して 出世払いだからね!若い子は夢に向かって頑張ってね!と700円のお釣りをくれた午前4:30。なんて温かい世界なんだろう。すっごくしあわせなきもちだ。優しい大人に囲まれて たくさんお酒を飲んで クライナーもショットもたくさん飲んで お腹がたぷんたぷんになっている。もう何杯飲んだか 正確には数えられないけど ショット類を除いて 恐らく8杯は くだらないよな。そういえば 家がないと言っていた自称27歳の男性は何者だったのかな?私のギターを背負ってスズナリのバーまで送り届けてくれたんだ。でもお金がなくて 歯も少しなくて あんまり信用できない大人もこの世にはいるもんだなぁ。と思った。カードを持っていると言っていたけれど その実そのカードとやらは ロカホリでしか使えないドリンク券のことだった。そんなら何故タバコをスパスパ吸うんだい?金がないとか家がないとかそういうタバコ代のチリツモなのでは?とド正論をかましたところで なんも始まんねえわな。お金ないなら タダ酒は飲ませらんねえよと言われた後のおじさんの悲しい顔はちょっと忘れらんねえかな。

 

にしても 今日は朝から大忙しだったな。南青山で 声の仕事を済まして そのまま大学へ。お腹が空いたから マックで飯を食う。隣の席の男子大学生がどうやって 可愛い女の子をお持ち帰りしようかの作戦を立てていて 漏れ聞いてしまった私は 笑いが込み上げてくるのを堪えるのが大変だった。大学の講義を受けたけど 今日はハズレ。面白くなかった。夜はライブをするから 5限は諸用ということで 早退した。歌を歌った。私の歌は誰かに届いただろうか。そうであれ。終演後はカレーを貪り食って 貰ったドリンクチケットで 4杯も酒を飲んだ。タダ酒。そして 対バン相手のお姉様に 奢られまくってしまい そこから 3杯程度 ライブハウスだけで 酒を飲んだ。酒は人を幸せにする。2桁超えも酒を飲んでりゃ 酒豪と言ってもいいだろうか。丁度いい頃合だから私は寝る。ぷぅたろう。

触覚は創造の源

https://youtu.be/_fVMJKWXvGU

カネコアヤノ『NOWAR0305@新宿南口』

これを見て 心が揺り動かされる人間でよかったと思う。美しいものを見た時に 心が動くのは 健康に生きられている証だなぁ。みつを。

 

先日 約1週間ほど前のその日は えもいわれぬような すっごくすっごく良い日だった。手放しで そのように言える日は 生きてきて そう多くはないけれど 確実にそうだった。自分の心地よいもの(ex.ふかふかのベッド、ホカホカのごはん、ファサファサの犬など)だけを享受して 良い日だったと言っているわけではない。きちんと刺激を受けつつ そのピリピリした空気を肺に流し込んで「うめぇなおい!」と思えるような日だった。

 

一日の始まりは いつも上手くいったことはなくて 勿論 その日も寝坊して ろくにメイクすらできず ギターだけなんとか背負って 走って家を出た。初めての場所に向かうのも苦手で GoogleマップGPS機能が上手く起動してくれなければ 私は目的地の方角を見つけることすらできない。それでも なんとか現地に着いて 長くて熱い話を聞いた。(これは良い意味で熱いと言っている。他意はなし。)そして 歌った。誰かと話したり 仲良くしたり 心を通じ合わせたりするのは すごく疲れるので どちらかというと苦手だけど 芝居や音楽といった表現がある故に 人との繋がりをなんとか保てている。この瞬間もそれをヒシヒシと感じた。

 

その後 ハピハピ()した気持ちで 街を歩いて「桜なぞ咲いているぞ!」と思いながら 一時帰宅。それから 友だちと渋谷の喫茶羽當で落ち合った。てか カフェオレグラッセって めっちゃ美味いんすね。分離した白と茶が混ざらなくて 混ぜるべきか否か迷いつつも 美味いからオールオッケー!となった。店内に 桜の生花がいけてあって 素敵だった。

 

夕飯は 牡蠣を食べた。どう考えても美味い。週末幸福崩壊寸前に ビールとハイボールを注ぎ込めば 見事に生き返る。そして 酒を飲めば 熱い話だって恥ずかしくない!この日は確か 創作の源について話したりした気がする。空が青いとか 風が冷たいとか そんな簡単なことから 自分の創造の全ては始まったんだよなぁと思い返したりした気もする。都会で生まれ育つと 外を歩く時 視覚は人混みで 聴覚は雑音で 埋め尽くされてることが多いから 必然的に触覚で物事を感じやすくなるのかもしれないと納得したりした記憶はすごくある。とにかく 表現楽しいねぇと心から思えた一日だったと断言できる。

 

いつも上手くいかなくても たった一日でも なんか幸せだなと思う日があれば その日の味を何度も思い出して 噛み締めて 口角上げて 生きていくことができるのだから 自分は簡単な人間だなと思う。小さな幸せに気付いて ずっと握りしめていられる人間でよかった。人として コスパが良い。その分 些末なことまで 気付いて落ち込みやすいのは 玉に瑕か。それでも いつも何かに触れて 感化されて 新しいものを生み出し続けられる自分でよかったと言いたい。

 

追伸 : 知らんうちに 4/1になっていましたが 特に嘘はつきませんでして!何か創作物をあげようかとも思いましたが 良いものが思いつかなかったものでして!でもつまりは 現実も虚構も特に代わり映えはしないというのが 真理でございまして!美しい現実こそ 虚構よりも俄然芸術と呼べるものでございまして!はて!

404

https://youtu.be/tDroEFbeZjU

アンと私『せめて音楽だけはやめないようにね』

↑よい。生で見たかった。

 

日曜日から DMもLINEもメールも何もかも返信してない。風呂も入ってない。やらなきゃいけないこともやってない。こりゃダメだ。だけど ギターを弾くために 毎日 爪だけは切ってるので やけに綺麗な爪が全身の中でピカピカしてる。明日はバイトだからそれなりの形に自らを整えないといけない。面倒。身なりを整えなければならない理由がわからない。本当は 服だって何を着ればいいかもわからないし 髪型だってどうしたらいいかわからない。自分には形がない。グチグチ愚痴ばっかり言ってても仕方がない。ただ 私は3月が大嫌いだし 4月が来るのも嫌で嫌でたまらない。科目登録を済ませたけれど あまりのパンパンゴン詰まりのスケジュールに腹が立っている。こうでもしないと 卒業できないくらいには単位が危ういので 結局全て自分のせい。最近 いつから自分はこんなに生きるのが下手くそになったのだろうと考えてみるけど 案外 生まれてこの方ずっと生活ベタだということがわかった。新学期だし チョロっと過去を振り返ってみよーう。

幼稚園時代 : 空想の世界に浸りすぎて 周りのみんなと同じように 行動をすることができない。そのため 家にあるその当時の工作タイムに作った作品は ほとんど全て先生が作ってくれたもの。

小学校時代 : 入学当初 舞台の公演があって 1ヶ月半ほど学校を休んだところ 同級生からズル休みの人とは遊びたくないと無視される。それ以降 "人と違うこと"を極度に恐れ 生活することになる。この時から現在に至るまで 生きづらさマシマシ。あと 曜日の感覚がなかったから 教科書を全部ランドセルに詰めたままにしてあり すごく重かった記憶。ランチョンマットと上履きは洗わなすぎて 不潔だった。

中学校時代 : 小学校時代の失敗を生かし いじめられなそうな道化役を買って出るものの 本当の自分のキャラがわからなくなり ひどく疲れる。そこで 銀杏BOYZクリープハイプ大森靖子に出会い 音楽には人の鬱屈とした気持ちを発散させる作用があることを知る。ちなみに めちゃくちゃ遅刻魔だったため 担任から罰ゲームとして 一発芸を強制されまくる日々。成績は国語と英語と音楽以外最底辺。私の行きたい高校に行く為には 死ぬ気で勉強をしなければならず 本当に死ぬ気で勉強した。

高校時代 : 必死に勉強して入った高校だったこともあり 周りのみんなはすごく良く出来た人間ばかりだった。成績がとにかくクソで 理系科目は全部赤点。さらには 補講の呼び出しも全てほったらかしにしたので 10段階評価で2が付きまくる。ちなみに 需要のあるキャラは おどけ係だけだったので 相変わらず道化。でも音楽があるぞ!と思い バンドを組み 曲作りを始める。

大学時代(現在進行形) : 陰キャ。サークル無所属。友達ZERO。対面講義には ほとんど毎回30分遅刻してしまう。そのくせ 授業終了と同時に直帰するため 同じ学科にも友達と呼べる友達がいない。講義がない日は バイトかライブ。本気で 何かをやっていく気概があるのか 自分でもわかりかねている。モラトリアムに甘んじたガキ。

ざっと振り返っただけで なんと悲しいことか。嫌んなっちゃう。あとちょっとで 4月が来ることなんて 私は許さないんだからね!